インクジェット・サイン・ディスプレイのことなら|テイクコーポレーション

株式会社テイクコーポレーション

INKJET × DESIGN = TAKE!!

COLUMN

春のシーズングラフィック:ハーフトーンデザインってなんなん?

シーズングラフィック-春デザイン
この記事を書いたのは
[インクマン]ベビィ
baby
テイクタウンのデザイン担当。 クリエイティブな才能に溢れた哲学的思考の持ち主。 でもまだ赤ちゃんなのでインクをたまにお漏らししちゃうyo…!

みなさん、こんにちは。テイクのデザイン担当 インクマン ベビィです。
季節ごとに張り替えをしているテイク本社の正面ウィンドウ。
2024年春デザインをご紹介します。

去年は廃材活用も兼ねて桜型のシートをたくさん重ねるデザインが好評だったから、
今年は何をしようかな…とデザイン担当で考えて、考えて…。
花と蝶々をモチーフにしながら、
「ハーフトーン」のオリジナルデザインに挑戦しました。

まずはプチ解説!「ハーフトーンってなんなん?」
「ハーフトーン」は言葉の意味からすると「半分のトーン(調子)」のこと。

ちょっとだけ印刷の基本の話からしますネ。
CMYKの4色印刷(カラー印刷)って、
CMYKのそれぞれの色を刷る版を作って
それを重ねることで「色」を再現しています。

カラーマネージメント
印刷物はルーペで拡大するとこんな風に見えます

だから、印刷したリーフレットなどはルーペでよく見ると、
色のある部分は「網点(あみてん)」と呼ばれる「点」の集合です。
つまり!100パーセントの色は隙間なく点で埋め尽くされていて、
淡い色合いを表現したいときには、それら点の集合体の分量で調整していて、
それを総称して「ハーフトーン」って呼んでます。

そんな「ハーフトーン」ですが、
最近ではレトロなデザインをするときに
このテクニックはニュアンスが出ていいよね…なんて思って、
ボクらもホテルのコンセプトルームのデザインをするときなどで使ったりしてました。

でも、ただ作ってもおもしろくないから、こんな感じに。。。

ハーフトーンデザイン
チョウチョの大きさや粗密を調整して大きなチョウチョを表現しています

わかりますか? 近くで見るとただの点々ではなくて、
チョウチョのシルエットになっていること。

実はここ、グラフィックデザインだけ見ても気づかないところなんですが、
結構手間暇かけたこだわりポイントです。
つくるときに一つひとつ手作業で並べて濃淡の調整をしてったんだよね。
こんな実験的なこと、自社制作のデザインだからこそ可能な贅沢なつくりです。

さらにこの窓、室内の採光を兼ねているため、
昼間は日光を遮るわけにもいかなかったから、
透明感が出るような工夫も考えました。
白基調のグラフィックは空間を明るくする点でもとても効果的でした。

ハーフトーンデザイン
チョウチョの部分の透明度が高いので光を通すとキラキラして見えます

逆に夜はその透明感ゆえ、
こんな感じに見えたのも面白い効果となりました。

シーズングラフィック-春デザイン
明るさは損なわずしっかり目隠しができる白インクの印刷は汎用性が高いです

こんなふうに、ひとつのウィンドウデザインにも
実はこだわりとかストーリーがあるし、
次のデザインで試してみたいことのシミュレーションの場にもなっています。
こうして蓄積していくボクらの実体験は大事なデータとして社内でも共有しています。

…なにより、試してみたいことを実現してくれる
他のリアルインクマンたちの協力あってこそですが、
これがボクらの力になると信じて続けさせてもらってます!

そして次の現場の機会をいただいたときに、
時間や予算の限りにはお応えしつつ、
他所にはないオリジナルなデザインを追求しています。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!
バブゥ〜♪

最新情報をお届け!

為になったらシェアしてね!

facebook line twitter bookmark
facebook
line
twitter
bookmark
キーワードこの記事に関連するキーワード
他の記事この記事を読んだ人は、
こちらの記事も読んでいます

UV多層プリントで彩るガラス面!

早々と酷暑お見舞い申し上げます。御機嫌いかがでしょうか。インクマン ブラックです! テイクタウンの制作/施工現場担当のワタクシが、本日もビシッと、お伝えしていき…

TAKEの2023年カレンダーをご紹介します!

まいど!テイクの制作担当 インクマン シアンや。今年も元気いっぱい大阪弁バリバリで行かせていただきます! 毎年テイクでは、制作のときに出よるアクリルの端材を使う…

オブジェ制作にも活用できる、特殊印刷。 厚盛印刷って、なんなん?

まいど!テイクの制作担当 インクマン シアンやで!テイクの制作を紐解く「なんなんシリーズ」 今回は「厚盛印刷」を紹介しましょ!以前もコラムで少し触れたことがある…

使い勝手のよいオリジナル什器も1点から!

御機嫌いかがでしょうか。インクマン ブラックです! テイクタウンの制作/施工現場担当のワタクシが、本日はピタっとお伝えしていきましょう! まずはこちらをごらんく…

インクジェットでできるデザイン壁紙「デコム」